ゴルフ協会

Go down

ゴルフ協会

Post  sunnygreen73 on Tue 10 Jul 2012, 11:28 pm

ゴルフ協会
PGAシニアツアー「ファンケルクラシック2012」(ファンケル主催、日vg3本プロゴルフ協会主管、静岡新聞社・静岡放送後援)が8月17日から3日間、裾野市の裾野カンツリー倶楽部で開かれる。初参戦の尾崎直道、8回目の出場で初優勝を狙う中嶋常幸、御殿場市出身の芹沢信雄ら人気プロが今年も多く出場し、来場者は3年連続の2万人超が見込まれる。9日、都内で開かれた会見にはvg3 アイアン大会通算3勝の高橋勝成と、羽川豊、渡辺司、水巻善典を加えた計7選手が出席し、抱負を語った。6月にシニアツアー初勝利を収めた優勝候補の尾崎直道は、大会2勝の兄・健夫との兄弟対決も期待され「ジェット(健夫)がついてこられるか心配。それより、ぼくと中嶋さんの優勝争いになるのでは」と自信たっぷり。その中嶋は「私の優勝宣言会見に集まってくれてありがとう。でも、いまだ勝っていないし、今年は直道君という強敵が来た」と会場を沸かせつつ「接戦にはしない。タイトリスト vg3 アイアンぶっちぎる」と誓った。一方、芹沢は「過去2回は地元への思いが強すぎて自滅した。ピン i203度目の正直。自分のプレーに集中し、来場者を喜ばせたい」と笑顔だった。来場者数は、シニアツアー最大規模。今回は、昨年大会新記録で初優勝した韓国の金鍾徳に対する日本勢の巻き返しも見どころだ。賞金総額6200万円、優勝賞金1500万円。入場券は前売り通し券3千円、当日券は1i20アイアン7日1千円、18、19日が各2千円。高校生以下とi2070歳以上は無料。スフェアウェイウッドトロークプレーが主流になると、それまでコースごとにまちまちだった18ホールのxxiomp600合計距離などに対し、画一した規格を決める必要が出てきたため、全てのホールに対し既定打数を決めて、コースごとx24の合計既定打数による比較がし易いように定めたのが、パーの起源である。







sunnygreen73

Number of posts : 22
Registration date : 2012-07-03

View user profile

Back to top Go down

Back to top


 
Permissions in this forum:
You cannot reply to topics in this forum