ゴルフボールの進化

Go down

ゴルフボールの進化

Post  sunnygreen36 on Wed 25 Jul 2012, 10:28 pm

ゴルフボールの進化

ゴルフボールは見て最後の数年間で大幅に進化してきました。ツアー内で現在アクティブなすべてのプレーヤーのタイプ多層ソリッドコアのボールを使用していると思います。ここ数年の距離は、1993年から2003年までの10年間で、プロのドライバーの距離が近い30ヤードの成長が、ほとんどフラットです。さて、ゴルフボール、皮に包まれたこれらの手作りの羽は、最初に使用されています。そして、それは大量生産することができますそのボール(としても知られているか、またはやるんだ)と考えられているお奨めは、1848年に登場し、大幅にゴルフの発展を奨励しました。タイトリスト ap2最初に、そのようなボールの表面のようなものは滑らかであり、津〜ザ物事の表面上の小さな状の突起で、後にさらにハエの傷であることが判明し、メッシュで人気があった。 1898年に使用されるためにゴルフをさらに行って、ゴムボール、1901年に登場し、ボールハスケルラバーコアボールは、大幅に変更された最初の時間になります。当時のボールの表面に、突起のようなはにさらされていました。それは現在のボールのディンプルは1908年からそのまま使用されるようになりましたと言われています。ゴルフボールの規格は、協会が1930年ウィンブルドンで始まったゴルフによって設立されました。次の重量45.93グラム(1.620オンス)のゴルフボールの現在の標準直径(1.680 ")4.27センチメートル以上となっています。しかし、ボールガッタの発明から急速に高度としてゴルフの普及に伴い、大幅にクラブボールのデザインの進化に影響を与えていたようだ。ボール奨めボールハードスキンではなく、その外観によタイトリスト アイアン 712 cbりアイアンクラブを使用することができた理由もあります。 (たとえば、パター、セット、3と7アイアンウッドの構成)の大きな鉄の多くを使用するゲームには、ボールの変化は、昔は木のセットの中央組織であった撮影のゴルフ芝を入力することができます私は変更に行きました。ゴルフクラブは、非常に近年発展してきた1980年代後半まで使用されているにも今の仕様に完全に変更されましたで柿の木その大きな頭のチタンへの取付(カーボン)グラファイトシャフト。それはボールの傷ゴム鉄の普及は、より最近発展してきた後、近年では、コアの鉄セットを設定することであった場合であっても、ロングアイアンユーティリティクラブやフェアウェイウッドを持っていない人の割合は、現在頻繁に持って少し使用されているそのような多くの成るセットの構成として、また変更されました。さらに、ウレタンカバーのボールの多層構造の出現と相まって翻訳だけでなく、ドライバの設計の進化は、どこにそのような頭の肥大、ドライバの進化形として、見てそこに終わっていません。起きているのでしょう10歳のドライバーの設計?
腕の正方形のーライン(3)に構え、膝の左右のボールのライン(1)、肩のライン(2)に曲げないように、詳細については、ように抑制することによりヘッドアップしない下半身の動きは、その後、ストロークのテンポとペースのイメージとしてしっかりとした振り子のストロークのような手や腕の打撃力を抜いミズノアイアン mp59てしたくなるでしょう。ストロークの途中で速度を調整するような行為がクラブフェースの向き面白いだろうと原因、またはそれがそのような距離を調整する(ルーチン)プロセスがそれらの事なしで入力することができますをしっかりと確立することができるから重要であろう。個々の違いは、しかし、その意味で方向と速度は良いアイデアとは必ずしも一致しません両方に集中しようとしていると思います。

sunnygreen36

Number of posts : 160
Registration date : 2012-03-10

View user profile

Back to top Go down

Back to top


 
Permissions in this forum:
You cannot reply to topics in this forum